ペンションとホテルの違いとは?比較しながら違いを解説!

旅行をしたとき、1泊や2泊などする場合には宿泊施設を予約するでしょう。そんなとき、皆さんはホテルに泊まりますか?それともペンションに泊まりますか?どちらにも宿泊したことがあるという人も多いでしょう。では、2つの宿泊施設の違いについて今回はご説明していきます。

ペンションは「簡易宿所」のこと

家族や個人で営業をしているというイメージがありますが、具体的にはどのような内容で経営をしているのでしょうか。

旅行業法では簡易宿所営業

ペンションは簡易宿所営業という立場で経営をしている場所です。これは宿泊施設の中でも、条件的に緩いという特徴があります。では、下記でその条件を詳しくご紹介します。

  • 適当な規模の洗面設備がある
  • 客室の広さは「合計33平方メートル以上」
  • 2段ベッドを使う場合には上下の間に1メートル以上あける

客室の広さは合計で計算されているので、1部屋で33平方メートル以上になれば、1部屋だけで営業をすることもできるということです。つまり逆を言えば、部屋数は限定されていないということです。

ホテルには細かい条件が定められている

お次はホテルの旅行業法による条件についてご説明します。こちらは、やや条件が細かくなっています。

洋式の構造や設備のある宿泊施設がホテル

洋式の構造や設備をメインとしているもので、宿泊料を貰って宿泊させるための施設という定義があります。では、こちらも具体的な細かい条件についてチェックしてみましょう。

  • 客室の広さが9平方メートル以上ある
  • 客室が10室以上ある
  • 適当な数の浴室かシャワーがある
  • 出入口または窓にカギをかけられる

やはり両者を比較して見ると、条件にかなり違いがあることが分かります。

ちなみにホテルの場合は、靴を履いたままロビーも部屋もホテル全体を行き来することができます。ペンションでは、靴を脱いで家に上がる感覚なので、そういった部分でも感じ方や過ごし方などが異なります。

まとめ

このように、両者には明確な違いがあります。ただ、どちらが良いということではなく、宿泊する日数や場所、環境などを考慮して、自分のプランに1番あった場所を選ぶのがいいでしょう。

ペンションは家族経営をしていることが多いですが、ホテルは従業員を雇っているという面でも違いがありますので、そういったところもそれぞれの魅力です。