山中湖に行くにはどうすればいいの?東京と名古屋、大阪からのアクセス方法

リゾート地として広く知られている山中湖に今度旅行に行きたいと思っていませんか?ただどうやって行けばいいのか、行き方がわからず不安に感じている人もいるでしょう。そこでここでは東京と名古屋、大阪から向かう基本的な方法についてまとめました。

東京から

マイカーで行く場合には中央自動車道もしくは東名高速に乗ります。中央自動車道の場合、河口湖インターチェンジで東富士五湖道路に入ります。10分ほどで山中湖ICに到着しますので、ここから国道138号線に乗り3分ほどで到着します。東名高速を利用する場合には古典場ICで国道138号線にいったんおります。そこから15分くらいで東富士五湖道路の須走ICに到達します。こちらから高速道路に乗って、あとは同じルートです。

電車

電車訪れようと思っているのなら、新宿駅からは中央線で大月駅に向かいます。こちらで不自由光線に乗り換えます。50分ほどで富士山駅につきます。ここで富士急路線バスを使って25分くらいで山中湖にアクセスできます。東京駅からの場合、東海道線で国府津駅に向かい、御殿場線に乗り換えます。ここから1時間ほどで御殿場駅に着きますのでそこからバスで40分くらいです。

大阪から

西宮ICから名神高速に乗り小牧ジャンクションに向かいます。ここで東名高速と中央自動車道2通りの生き方があります。東名高速の場合、御殿場ICで降りて138号線で30分くらいです。中央自動車道を選択した場合、大月JCTまで行ってあとは東京から言った場合と順序は一緒です。

電車

大阪駅から東海道新幹線に乗って、三島駅まで向かいます。電車に乗れば、所要時間は3時間ほどです。こちらから路線バスが出ているので、御殿場駅行きのものに乗りましょう。あとは富士急路線バスに乗って向かう形です。

名古屋から

名古屋ICから東名高速に乗ります。そして御殿場ICに向かいましょう。ここで高速を降りて、国道138号線で須走ICから東富士五湖道路を使って山中湖に向かいます。もしできるだけ交通費をかけたくなければ、東富士五湖道路に乗らずにそのまま国道の下道を通ってたどり着く方法もあります。

電車

名古屋駅から東海道新幹線に乗って、三島駅に向かいましょう。そこから東海道本線もしくはバスを使って御殿場駅に向かいましょう。御殿場駅前にはバスターミナルがあって、いろいろな路線が運行しています。その中に山中湖方面出ている富士急行のバスがあるので、こちらに乗りましょう。

まとめ

車でも電車でも山中湖にアクセスすることは可能です。ただ山中湖周辺のバスは、時間帯によってはあまり本数が出ていない可能性もあります。タイミングを間違えると、かなり待たされる恐れもあります。ですから時刻表などを見て、どう行けばロスタイムなくアクセスできるか検討しましょう。いまではスマホでもサクサク検索できるので、こちらを活用するのもおすすめです。